プロレスリング・シークレットベース

PRO WRESTLING SECRETBASE

SECRET BASE 3月10日 西調布大会試合結果

『プロレスリングSECRET BASE・西調布大会』

西調布格闘技アリーナ

観衆62人

第1試合
15分1本勝負
○ベアー福田 VS ×ダイナ御堂
( 8:08 デスバレーボム→体固め)

※試合開始前の選手入場式で、この日復帰戦の小川内がマイクを取り挨拶をしようとした時に、スーツケースを転がしながら会場に現れたダイナ御堂。
北千住大会の時にチャンピオンのベアー福田に挑戦したのに対戦カードに名前を入れないとはどういう事だ!」と福田に挑戦を迫るダイナに福田は
「じゃあ、シングルでやってやるよ!ただ、ノンタイトルでな!」とダイナの挑戦を承諾し、急遽第1試合でシングルマッチが決定。
福田のパワーファイトに防戦を強いられながらも果敢に攻め込むダイナ。

ネックブリーカー、ミサイルキック、ノーザンライトスープレックスと立て続けに攻めるが決め手にはならず。
最後は福田がデスバレーボムをがっちりと決めスリーカウント。
試合後、健闘を称えようと差し出した福田の手を払いのけると「来月のシークレットベースの大阪大会、俺はこんなんかもしれんけど、大阪にはまだまだ藤澤忠伸、カブキキッド、田中祐樹、内田祥一、マグニチュード岸和田、そして、この俺ダイナ御堂がいるんだからお前等を迎え撃ってやる!」・・・と、声高々と宣言。
参戦選手として発表されていなかったマグニチュード岸和田の名前が出た事に驚きの表情を隠せないシークレットベース勢。
大会終了後、4月21日に開催するシークレットベース大阪大会にマグニチュード岸和田が参戦する事が正式に発表された。
第2試合
15分1本勝負
○豪 VS ×YANAGAWA
(7:09 PK→体固め)

第3試合

20分1本勝負
×美花、宇宙銀河戦士アンドロス VS ○米山香織、安部行洋
(10:39 横十字固め)
※試合後、美花がマイクをとり、米山香織とタッグを組みたいと訴えると米山は「いいよ!次の参戦が決まってる来月の大阪大会で組みましょう!」と美花のタッグ要請を快諾。
そして清水を呼び出し大阪大会でタッグを組むので対戦相手を探して来てくださーい!!」とタッグ結成を決定事項とした。
第4試合
20分1本勝負
×三尾祥久 VS ○CHANGO
(11:44 フライトラップ)

セミファイナル “小川内潤復帰戦”
30分1本勝負
○小川内潤、SUSUMU VS ×フェリスト、14K
(13:47 シャンドラの灯)

メインイベント
60分1本勝負
×ベアー福田、柴田正人 VS 清水基嗣、○アミーゴ鈴木
(14:28 メスカル)
※試合開始早々、福田、柴田の二人に攻め込まれ劣勢となる清水、アミーゴ。
福田、柴田の猛攻を切り抜けツープラトンなどで反撃に転じるも清水が捕まる。
しかし、柴田のコーナーへのベイダーアタックを交わすと清水はコードブレイカーを決め、背後からのミサイルキックで応戦しアミーゴに繋ぐ。
アミーゴも勢いに乗り、攻め始めるも形勢逆転ならず。
福田&柴田の3Dは清水がカットしたが福田の強烈なラリアットがアミーゴに決まる。
万事休すかと思われたがギリギリでキックアウトしたアミーゴは得意のメスカルで丸め込み逆転勝利をものにした。
勝利を手にしたアミーゴは福田のベルトに挑戦表明。
福田はその場でアミーゴの挑戦を承諾した。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

SNS