プロレスリング・シークレットベース

PRO WRESTLING SECRETBASE

因縁勃発!?

昨日のSECRET BASEに御来場頂きました皆様、ありがとうございました!

団体化1発目の試合で、負けてしまい偉そうな事を言える立場ではないのですが、試合後に私に噛み付いて来たCHANGOについて書かせて頂きたいと思います。

CHANGOがマイクで言った、

「何年かぶりに復帰した人間が、セミやメインばっかりやりやがって、ムカつくんだよ!」

ってセリフ。

GENTAROさんも言った通り、プロレスラーなら当たり前のジェラシーだと、私自身思います。

だが、私からすれば、本当に遅いぐらいなのです!

GENTAROさんと私のシングルが組まれた時、私はSECRET BASEを代表して、イイ試合じゃダメなんだ!と最後まで勝ちにこだわりました。

でも、私はどこかで、

「小川内が代表だなんて、誰が決めたんだ?
ポンコツはでしゃばらずに、さっさと隠居しちまえよ!
俺が代わりにやってやるから!」

と言い出すヤツを待っていたのも本心なんです。

それに対し、

「だったら再び俺を引退させてみろよ!」

と、もちろん私も応戦し、リングアナとしてSECRET BASEを見ていて足りないと感じた『闘いの熱』をリングに取り戻したかったのです。

しかし、誰一人、名乗りもあげぬまま、私は色んな選手と対戦する内に、選手としての欲も芽生え、いつしか私自身の為に闘うようになっていました。

しかし、SECRET BASEが団体化した事で、

『イベントだった内はまだしも、団体となるなら勝手はさせないぞ』

と言う気持ちの変化が、今回のCHANGOの言葉として現れたのなら、それだけでもSECRET BASEを団体化した意味があったと思います。

次回大会は、12/20(月)。

そこで組まれるかどうかは知らんけど、ムカつくなら、シングルでもなんでもリングでその想いをぶつけてくればイイ。

私に断る理由は何もない。

私は、ハッキリ言って、上手さも、強さも、面白さもない選手だ。

だが、持ち合わせたモノが少ないからこそ、気持ちだけは真っ直ぐ、前へ前へと熱くぶつけているつもりだ。

CHANGOだけじゃない。

フェリストだって、アミーゴだって、スパークでもイイ。

所属もフリーも関係ない!

敢えて偉そうに言わせて貰うが、自分の現状を打破したいと思っているなら、私を踏み台にするぐらいの気持ちで来てみろよ!

それをさせぬ壁であれるよう、一分一秒でも長く、1cm、1㎜でも高く立ちはだかれるよう、私は更に上を目指す。

指くわえて見てるだけなら、置いてくだけだ。

まずは、CHANGO!

想いっきり、かかって来いや!!


Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

SNS